地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、岡山市北区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

岡山市北区の地域情報サイト「まいぷれ」岡山市北区

フリーアナウンサー中村恵美さん特集

子どもたちと朗読でつづる「未来へ…」 お稽古頑張ってます!!

子どもたち、一生懸命ひたむきにお稽古に励んでいます!!

 

戦争を体験した子どもの生の詩を現代の子どもが語ります。

同じ歳頃の多くの子どもたちが、ごく普通の暮らしを奪われ、明日を生きることができなかった悲しい戦争を繰り返してはならない。

子どもたちは、詩を通して感じているようです。

 

ぜひ、子どもたちの頑張りをご覧ください。

 

プログラム

 

「おとなになれなかった弟たちに…」

 岡山空襲

 ヒロシマ

 ナガサキ

【構成・演出担当 川上知子さんの想い】

1989年「1945年の夏を語りつぐ会」が発足し、もうすぐ30年。

現代のお母さんと子ども達に戦争の悲惨さを知って欲しいという想いで続けてまいりました。今回は、小1~中1の17人の子ども達がメインとなりお稽古を重ねています。

出演者の人たちに当時の世界に入りこみ追体験してもらえるよう読みに力を入れ、子ども達と一緒に舞台を創り上げていきたいと思っています。

 

舞台では、岡山空襲、広島、長崎で起こった悲惨な戦争のリアルな体験を語ります。

戦争の体験談から新たに構成し、音と映像と朗読で創り上げており、実際に、地元岡山で起こった想像もつかないであろう出来事や、尊い命や家族の愛などすべてひき裂かれてしまう戦争の恐ろしさを皆さんに伝えていきます。

 

戦争は絶対にしてはいけません。

戦争で命を失った人たち、そしてそこから立ち上がり命をつないでくれた人たちに思いをはせ、戦争の悲惨さ、平和への祈りを伝えたいと思っています。

未来(あした)をつなぐ次世代を担う子ども達と共に舞台に立てることに感謝しています。そして、これからもずっと語り続けていきたいと思っています。

一人でも多くの方に会場へお越しいただけると幸いです。

 

【朗読講演について】

「1945年の夏を語りつぐ会」では、ご依頼をいただければ公民館や学校など、どこへでも語りに伺います。どうぞお気軽にお声かけ下さい。

子どもたちと朗読でつづる「未来へ…」 ご案内

:主 催 1945年の夏を語りつぐ会

 

:日 時 2017年7月29日(土)14:00~/18:00~

                               30日(日)14:00~

              (開演の30分前より開場)

 

:会 場 岡山県天神山文化プラザ ホール

      岡山県岡山市北区天神町8-54

      *駐車場に限りがあります。お近くのパーキングをご利用ください。

 

:料 金 大人:1,000円(前売800円)

     高校生以下:500円(前売300円)

     65歳以上の方/障害手帳をお持ちの方:600円

 

:お問い合わせ先(チケット取り扱い等)

     ○1945年の夏を語る会 TEL 090-6436-9820(川上)

     ○岡山県天神山文化プラザ2F文化情報センター

      TEL 086-226-5005(9時から17時まで。月曜定休)

地図

岡山県天神山文化プラザ

この記事に関するキーワード

人気のキーワード