地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、岡山市北区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

岡山市北区の地域情報サイト「まいぷれ」岡山市北区

フリーアナウンサー遠藤寛子さん特集

烏城灯源郷でRSKアナウンサーらによる朗読会♪

烏城灯源郷でRSKアナウンサーらによる朗読会

 

烏城灯源郷イベント開催中(~8/31)の岡山城の天守閣内で、8月26日(土)夜、RSKアナウンサーらによる朗読会を行いました。

 

毎年この時期に行っているもので、私も参加するようになってから、今年で3回めです。

 

今回は、芥川龍之介が没後90年の年にあたることから、彼の作品3本を朗読しました。

 

いろいろな芥川の作品を知ってもらいたいと思い、馴染みがないかもしれない作品をもってきました。

 

『今昔物語集』の作品から想を得たという
「六の宮の姫君」
ただ殿方を待つことしかできなかった姫君の悲しいお話です。

 

そして知らない話ばかりではいけないとも思い、お馴染みの「蜘蛛の糸」
こちらの作品は新人アナウンサー2人もチャレンジしました。

 

ラストは、昨年ある朗読グループが発表していて“一耳”惚れした「二人小町」
小野の小町と玉造の小町、そして彼女たちを死の世界に連れて行こうとする黄泉の使。
美しい2人の小町の、女の醜さが垣間見えるような雰囲気を大事に表現しました。

 

3本で約1時間のプログラム。

 

BGMもたくさんの楽曲の中から、お話の雰囲気に合ったものを…といろいろと悩みながらセレクトしましたよ。

 

朗読会場は、岡山城天守閣の2階城主の間でしたが、そこをぐるりと立ち見の方々が取り囲むほど、たくさんの皆さんにお越しいただきました。

 

お運びくださいましてありがとうございました。

また来年もあるかしら?
楽しみにお出かけくださいね。

この記事に関するキーワード